5月とは思えない寒さのドイツです。
今年は白アスパラの売り出しも例年よりは遅れているとは言うものの、ようやく道端のスタンドでもドイツ産のものが買えるようになりましたね♪
(日本でも最近は手に入り易くなったのかな?)

c0194065_2017216.jpg
さて毎回結局はオランデーズソースがけのオーソドックスな食べ方に偏りがちなので今回は思い切って全く目新しい食材を使っての挑戦!Quinoa(キヌア)と言うインカ帝国時代から栽培されている古〜い穀物とカボチャの種のオイルを使ってちょっと変わったサラダ☆

c0194065_2016957.jpg

最近自分でも驚くくらいに食生活が健康志向に移行している私ですが、このキヌア!(詳しい説明はこちらにお任せするとして。。。)かなりツボなお味!!

BIO大国ドイツでオーガニックショップ等に行くと今まで見た事もなかった食材を見かけることが多く、しかもレシピ付だったりネットでも簡単に見つかるので気軽に楽しめます♪ 今までは気後れしていて手がでなかったりもしましたが作ってみれば意外に簡単! いや、拍子抜けするほどに^^;
栄養たっぷりで手軽に作れるお料理だったらどんどんもっと普段の食生活に取り入れて行きたいですよね☆


【オマケ】

こちら先日お友達宅へのお土産用に夜な夜な焼いたルバーブとフレッシュ苺を使ったクランブルケーキ♡
c0194065_23494033.jpg



旬のものは絶対に栄養価も高い筈!

とまたまた言い訳をつけてお菓子焼いちゃいました〜♪
カロリーは決して低くないのでしょうがたまには良しとしています(笑)




ではでは皆様今週も素敵な1週間を〜*^^*
[PR]
by mikla3333 | 2013-05-28 00:16 | ドイツ料理-German Food | Comments(0)

Frankfurter Grünesauce

今年もまた宅配野菜に登場したfrische Kräuter(時期もの香草野菜のミックス)
苺や白アスパラガスと共に『旬』の食べ物の一つで、Frankfurt名物でもあるグリーンソースの材料としてマルクト等でも白い包みにこのミックスが詰まって売られ始めます。
c0194065_462615.jpg


正直この包みを見つけると『うわっまた来た..』と一瞬ひるんでしまうのですが一度手作りの美味しさを知ってしまうといたむ前に意地でも作ろう!という気にもなる訳で。。。。(昔は重い腰を上げた頃には既にフレッシュさの陰もなくなっていてゴミ箱行き...なんてことも数回^^;)作り始めてしまえば実は意外に短時間でパパッとできてしまうもの♪ 

*お料理の『プロ』と呼ばれる方々ははこのソースを作る為の専用器具の使用を勧めていますが、私はそんな工程が入ると腰が重くなるどころか2度と持ち上がらなくなるので“邪道”なやり方でFPを使用(笑)。勿論香草から水気が出る程細かくしては苦みもでておそらく別物になってしまうのかもしれないけれど、ある程度細かく"刻まれる”程度でストップすれば大丈夫!全然美味しく頂けます♡

フランクフルトにお住まいの皆様!この土地の名物料理Grüne Sause是非一度ご家庭でお試し下さい〜♪ クラシックに茹でたジャガ芋と卵でシンプルに、またホワイトアスパラにソースとしてかけても最高です☆
c0194065_47560.jpg


ということで作り方(笑)

<材料>

・固ゆで卵 3つ
・ワインビネガー お好みで大匙2-3杯
・マスタード(粒のないもの)大匙1杯
・サラダ油 大匙6杯
・クレームフレッシュ(Cre'me Fraiche) 250g
・シャーロッテン 小ぶり1つ(スーパーの玉葱の隣あたりにある小ぶりで細長いもの)
・一番上画像の香草ミックス1包み(中身はパセリ、クレソン、エゾネギ等)
・塩、胡椒、砂糖 適量(やや強めの味がつくくらいに)

作り方

①固く茹でた卵を白身と黄身に別け黄身はザルでこし、白身は細かく刻んでおく。
②ワインビネガーとマスタード、塩・胡椒、砂糖、サラダ油クレームフレッシュを泡立て器でなめらかになるまで混ぜ合わせ、そこに裏ごしした黄身+刻んだ白身を入れ、細か目に刻んだエシャロットも投入!
③洗って水気をきった香草をFPでガガーーー、ガッガッガッと様子を見ながら程よく刻む(←ここ大事)あ、ここで後で口に残りそうな太い茎は取り除いた方が無難です。
④ソースに加え1時間味を馴染ませて出来上がり♪

ね、意外と簡単♥

夏場は冷蔵庫で冷やして、今の時期ならアツアツのジャガ芋とゆで卵にかえて食べても美味しいです。
[PR]
by mikla3333 | 2012-04-18 21:59 | ドイツ料理-German Food | Comments(2)

Grüne SoßeとApfelkuchen

昨日の午前中に作ったGrüne Soßeです。フランクフルト名物の代表的な料理の一つですが夏に好んで食べられる為白アスパラと並んでこれくらいの時期から夏にかけて(アスパラは6月末で姿を消しますが)良く目にします。7種の香草が沢山入っているのでヘルシー!かと思いきや入っているサラダ油や卵、Creme fraicheの量は半端でなかったりして。。。。見かけによらず食べ過ぎ要注意!料理の一つです(笑)

c0194065_20585226.jpg


週末の来客用に焼いたケーキも焼き上がりました!(現在冷凍庫でスタンバイ中。笑)ドイツ人のケーキの食べ方は我々の常識を遥かに越えるものがあるのですが...このレシピ鉄板に一杯でなんと24切れ分!!そんなに作って誰が食べる!?!?と思われるでしょうが、これが8人くらい揃うと1日で完売なんて普通にあるのです!!日曜日のお茶の時間に2〜3切れはいきますからね〜。。。ドイツに嫁いで受けたカルチャーショック最近ではすっかり慣れましたがこの“食べっぷり”には未だに目が丸くなります^^;

c0194065_20583136.jpg

【こちらもドイツ人が大好きなApfelkuchen♪イースト&チーズケーキ生地がダブルになっている割には軽い口当たりで大きなカットもペロっといけちゃいます!私もドイツ化してきたか!?( '艸`*)ヤバ


ではでは皆さん良い週末をお過ごし下さい☆
[PR]
by mikla3333 | 2011-05-13 14:27 | ドイツ料理-German Food | Comments(4)

Zwiebelkuchen ’10

c0194065_144864.jpg

【『あ〜〜ん』『ガブッ!』と思わず手づかみでいっちゃいました(笑)】

Zwibelkuchenと Federweißerこの時期ならではの秋の味覚ですね〜♪
無花果のタルトも焼き損ね、味は好きだけどあの砂の『ジャリッ』と感がどうしても残ってしまうPfefferringeももたもたしているとマルクトから姿を消しそう。。。でも何があっても絶対絶対焼かなくては気が済まないもの!それがこの玉葱のケーキ♡勿論玉葱は年中出回ってますからいつでも焼けますがFederweißer(発酵途中の若いとれたてワイン)はアッと言うまに姿を消してしまうので年に1度は絶対焼いてます!

でもね。。。美味しくてこの甘〜いワインのを飲みながら頂くのは最高に幸せ感じちゃうものなのですが、何せ玉葱1㌔ですからね...。今年は“裸眼”で頑張りましたが指先は翌日まで玉葱臭く。。^^;行く先行く先で『玉葱山盛り切ったの〜』と言い訳してたほど。

は〜これで心置きなく冬が迎えられる〜♪(ってまだ早い?笑)

皆さんも是非ご自宅で作ってみて下さい。
市販品はもう食べられなくなります!

それでは引続きよい週末をお過ごし下さいね^^
[PR]
by mikla3333 | 2010-09-26 19:09 | ドイツ料理-German Food | Comments(4)

まねっこでMettwurst!

ドイツに住んでもう9年も経つと言うのにど〜してもこれだけは。。。と敬遠していたものが...。
日本の焼肉屋で見かけるようなタルタル(Mettwurstと言われる生肉のミンチ)なのですが、卵でも魚でも『生食』を常としないここドイツでどうして肉を食べられる!?!?と言う感じでした。時々真夏の屋台(マルクト)なんかでも平気な顔してショーケースに(勿論常温..)列んでいる"彼等”を見かけると食あたりの危険性まで危ぶまれるその食べ物は私のなかでは今後も絶対食べない、食べたくならないであろう食品の一つだったのです。が!時々遊びに行かせて頂いているこちらのブログでどーーーーしても挑戦してみたくなり今日早速まねっこしてみた訳です(って変わり身早過ぎ!汗)

c0194065_4535132.jpg


作り方の詳細はしのさんのブログでご覧頂くとして、なんだか今日は久々に『できた夕食!』と言う感じでした。本当にこれがお肉?と疑ってしまうくらいネギトロに近いお味♡しかもプロ級の腕前のしのさんの“ご指導”の元作ってみたそれはお店で頂くような深い味わいで私の中では『星みっつ!!』(マチアキ風。笑)生ものがあまり得意でない主人がいない今日を狙って?いえたまたま重なった訳ですが何故かネギトロは好物の一つなので思わず彼の分は少しとっておきました(深夜に帰宅したら無理矢理味見させるつもりです。笑)

それにしてもしのさんのブログはドイツに住んでいてもまだまだ知らない多くの食材のこと、調理法や食べ物の盛り方等々とっても勉強になります。是非お店でも開いてほしいくらいですが。。。。趣味でやっているから楽しめるってものもありますものね。ま〜彼女のブログでビビッと来た物は即まねっこしてレパートリーを広げて行けたらと思っています^^ こんな本格的なお料理が毎日食べられるご主人様が羨まし〜!しのさん今後ともご指導の程宜しくお願い致しますm(__)m

さて明日はネイルのお客様がお子様の熱でキャンセルになってしまったので自分のネイルを“日本向け”に塗り替える予定です。キレイにできたらアップしようと思います♪
[PR]
by mikla3333 | 2010-04-07 22:09 | ドイツ料理-German Food | Comments(4)

冬と言えば。。。

c0194065_555499.jpgやっぱりコレでしょうか(笑)
寒〜いドイツの冬、いつもはKaltesessen(冷たい食事=パンとソーセージ等)ばかりのドイツ人も流石に暖かいスープやラクレット、フォンデュ(スープやチーズ種類は様々)まで食卓に上がる様になります。街のショーウインドーもしかり!この類のキッチン用品が所狭しと飾られるようになるのですが〜。。。

その中でも私が一番お気に入りなのはこちら♪ そう、分厚いチーズを何枚もペロリといけちゃうとっても危険な食べ物(汗)毎回食べる時にスライスの枚数は数えないようにしています(笑)
c0194065_661748.jpg

           Raclette最高です♡

*お知らせ*

今月12日までのバレンタインキャンペーンですが今週はすでいっぱいになってしまいました。ご予約頂いた皆様ありがとうございます♪ またこれからご予約頂きますお客様に関しましては施術は15日以降になりますが『〆切12日までにご予約』頂ければ料金はそのまま20%オフでご提供させて頂きます。どうぞご検討下さいませ☆

[PR]
by mikla3333 | 2010-02-08 22:36 | ドイツ料理-German Food | Comments(4)

いよいよ帰国まで一週間をきりました。
今月は何かとバタバタしていましたがここ2日間ほど珍しくカレンダーが真っ白。子供達と私の風邪はほぼ完治しているものの幼稚園で『シラミ発生』の張り紙を見て今日は速攻お休みさせました。(実家にシラミ..お土産にしたくないですかね〜。笑)

そんな訳で今日は久々にゆっくり“呼吸”ができた感じ♪
気持ちにも時間にも余裕があったのでようやくホームメイドのZwiebelkuchenを焼きました。前回作った時はものぐさしてキッチンエイドのミキサーで玉葱をガーーッ!と微塵切りにしたのですが...ややベチャっとした感じになり主人には辛口の批評を頂きました(汗)なので今回は誰もいないのをいいことに水泳のゴーグル着用で1kgの玉葱をしっかり包丁で微塵切りに(笑)それでも意外に鼻にもかなりの刺激が...窓を明けて音楽をかけて心に余裕さえあれば楽しい作業です^^

c0194065_5401380.jpg


このレシピ、今は亡き義母の本に載っていたもの。“バイエルン風”とあるのが果たして本当なのかちょっと疑問はあるものの南ドイツらしいどっしりしっかりした味でクミン入。普段お店で見かけるものはクラッシックなシンプルテイストの物が多いのですがやっぱり自宅で作るものはもう少し味に“嗜好”を加えることが出来て◎。今回はサワークリームの変わりにSchmand*サワークリームよりやや酸味の少ない、でも脂肪分は多い(汗)類似品を使用。そして味に深みを出す為上にゴーダチーズを少しだけ振りかけてから焼きました。毎年日本で作るドイツ料理がマンネリ化してきたので今回はFederweißerの変わりに白ワイン。。。になってしまいますがこの玉葱ケーキを作ってみようかな!?ま『時間と気持ちに余裕があったら』と言うことになるでしょうけど(笑)

インフルエンザの予防接種も受けたし準備(ほぼ)万端です!
[PR]
by mikla3333 | 2009-10-01 23:04 | ドイツ料理-German Food | Comments(6)

今年4回目の白アスパラです!(“2弾”なのは我が家で作った回数)
実は茹でた白アスパラにホランデーズソースのクラッシックな組み合わせ、嫌いでないまでもそれ程夢中になれない私なのでありますが。。。
c0194065_522257.jpg

このレシピかなりのヒット!でした。
硬めに茹でた白アスパラをロースハムの上にのせてゴーダチーズと共に巻き巻き。それに薄力粉、卵、パン粉(今回は粒子の細かいドイツのパン粉使用)の順にくぐらせた後フライパンでカリッと焦げ目がつくまで焼きます。そして付け合わせはお決まりのじゃがいも(笑)
一見と〜っても高カロリーかつヘビーに見えますが...いやそうなんですが...バターを大量に使うホランデーズソースをなみなみとかけるのと大して変わらないような!?いい加減私も減塩減油路線にもっていかなければならないのですがやはり食の嗜好ってなかなか変えられません。ダイエットと同じで『明日から〜♪』と延々言い続けてそうです(笑)
あ、でも流石にこの量↑は食べませんよ。こちら主人の分です^^;

さて明日は2回目の日本人補習校。3歳までは完全に日本語が勝ってたのに今となっては独り言もドイツ語...。私との会話は常に日本語なので普通の会話には困らないもののメロンとレモンの区別がつかなかったり、ドイツ語(単語)と日本語をチャンポンさせて話したり帰宅した主人を『ただいま〜!』と出迎えたりするミスは日常茶飯事。今後益々ドイツ語に脳みそ侵略されていくのでしょうがせめて日本人中学生レベルの日本語は大人になってもキープして貰いたいものです。

それにしても毎週土曜の補習校は大変なものだとばかり思い込んでいた私。実はこの待ち時間がとてつもなく優雅な時間だったのです♪息子(魔の2歳児)を主人に託して出掛けてしまえばこっちちのもの!あとは帰宅時間までママのフリータイム〜♪(笑)人でごった返すフランクフルト市内だって1人、またはお友達とのみだったら身軽なもんです。もうどこでもバリアフリー☆といった感じ。明日の待ち時間は何しよう。。。その場の気分で友達と動けるのもいままでなかった贅沢です^^

ではでは皆さんも素敵な週末をお過ごし下さいね♪
[PR]
by mikla3333 | 2009-05-09 22:59 | ドイツ料理-German Food | Comments(4)