もうすぐ12月。。。

念願の社会復帰を果たしてから新しい生活リズムに振り回されていた(帰国してからの)1週目。息子がプレ幼稚園に慣れる為に毎日1時間半息子と一緒に子供達とたわむれ、箪笥の奥にしまい込んでいたスーツにアイロンをかけ、全てが新しいペースの中で始まった11月。この2週間はいつもの数倍の疲れと供に充実度も数倍!しばらく“休暇中”だった脳細胞にピリピリと刺激を送られながらなんとか流行の風邪にも負けず12月を向えようとしております(笑)

フランクフルトを始めいくつかの町ではクリスマスマーケットも始まりましたね。土曜の街並はもういも洗い状態!プレゼントを買い込むドイツ人に紛れてやっぱり人口を増している中国人旅行客(笑)クリスマスの風物詩とも言えるGebrante Mandeln(カラメルコートされたローストアーモンド)の香りにつられてどうしても足はマーケットに向いてしまいます♪

さてさてもう京都の話題は通り越してクリスマスの話題に飛びたい所ですが、、、クリスマスクッキーなど焼いている時間が全くないので当然画像もなく。。。なのでやっぱり京都の話題で(笑)

c0194065_354831.jpg


御存知十円玉の裏に描かれている平等院。ここは今回私がどうしても訪れたかった観光スポットの一つ。場所が宇治にあって京都市内からまた電車で20分程の移動が必要だったのですが『宇治』にはもうひとつ別の理由で訪れたかった場所もあったのでその辺は何なくクリアー。やっぱり食べ物の力は強いです(笑)でも宇治の駅に降り立ってみれば『観光客私達だけ!?』ってくらい静かで平等院に向かう参道もそのすぐ脇に流れる宇治川のほとりもゆったりとした時間が流れていて◎。今回意外にも(?)我々が訪れた観光スポットの中で一番多くシャッターを切った場所かも。

c0194065_336129.jpg


源氏物語りの舞台はここ宇治だった、という説明にも頷けるものがあります。そしてそこでもまた抹茶アイスを頬張る主人。。。。今回の旅行で京都の美しさと抹茶アイスの美味しさとどちらに感動したのかと言えば。。。。やっぱり『両方!』と言っておきましょう(笑)

皆さん素敵なアドヴェントをお過ごし下さいね〜♪
[PR]
by mikla3333 | 2009-11-29 19:55 | 日本-Japan | Comments(6)

日本満喫♪〜京都編〜

昨日子供達と3人でインフルエンザの予防接種を受けて来ました。
小児科は全く込んでいなかったとは言え先生曰く『今ものすごい人数が“豚”に感染している』んだそう。。。(汗)今日になって発熱している息子は(至って元気ですが)一体単なる風邪なのかワクチンの影響なのかはたまた!?....明日も引続き自宅でお篭りです...。
c0194065_2155527.jpg

さて、2泊3日夫婦水入らずで満喫してきた京都ですが(“こだま”がかなりオンボロだった..と言うことは置いておいて)買い物に観光に、参拝時間が終わってからは映画に整体に美味しいもの巡り♪と言う具合に休むことなく歩き回っておりました。当初娘も連れて行く予定でしたが、何度『置いて来て正解だったね〜〜!』を連発したことか^^古都の魅力を5歳の娘にわかれと言う方が無理な話しですよね。私が最後まで迷っていた理由は単に『舞子さんの格好をさせたかったから!』それも娘にとってはどうでもいいことかもしれませんし、結局は連れて行かなくて大正解!!だった訳です。

前置きが長くなりましたが↑は今回我々が宿泊した町家さん。
『京都に行ったら旅館に泊まりたい(情緒のないホテルはヤダ!)』とのたまう主人の希望を叶えるべく夜な夜なネット漬けになっていた夏。。。ま〜わかりますよ。私だってできることなら有名旅館で外でも家(内)でも京都の魅力を存分に味わえたらそれが一番!理想です。でもね〜、今回の帰国では当然京都以外でも出費はかなりあるわけで..そうそう贅沢な旅はできない訳です。『最悪ホテルかな〜。。』なんて思っていたところに、ありました!正に我々の希望を十二分に叶えてくれる所が♡『町家』と言う存在を今まで知りませんでしたがかなりオススメです!しかもこの“あすきや”さんオーナーのチエコさんは若い女性で1人で切り盛りされているのですが朝食は洋食(ご飯に焼き魚と言う典型的な日本の朝食が苦手な外国人連れにはここもポイント☆)場所も祇園に歩いて行けちゃう距離だし観光にも便利♪やはり外国人利用客も多いとかであちこちに英語の案内が。和の魅力を存分に味わえる一方で朝食に使われる食器等は美しい和洋折衷。素敵です。

c0194065_3532715.jpg

【先生のお手前の後『Well, it's your turn!』と言われ主人目が点(笑)】

そしてそして〜、この3日間に世界遺産/国宝巡りをしたのは言うまでもなく、そして修学旅行で大昔訪れた清水寺をまず参拝したのも言うまでもなく(笑)この辺は省略するとして。。。。一番いい思い出になったのはこちらもたまたまネットで見つけた“らん布袋”でお薄のお手前を習えたこと!一応私も日本人ですから茶道を齧ったことくらいありますが、今回主人と一緒に『英語で』しっかりと茶道の魅力を“逆輸入”できたことでしょうか(笑)一度は主人にお茶席を経験させてあげたいとずっと思っていたのですが、やはり京都に行くならどこかで。。。と検索していたところこちらも我ながらアッパレな検索ヒット!ランディー先生はもう日本に20年以上もお住まいらしいのですが、我々日本人以上に武道を愛し、そして持ち前のユーモアで堅苦しくなりがちな茶道の魅力を多くの方々に紹介されています。(後日わかったことですが、彼はよくマスメディアにも登場する有名人?らしいです)
c0194065_4205350.jpg

お手前で生菓子をいただいた後だと言うのに先生一押しの“抹茶ファッジケーキ”まで(汗)カフェの中央にある小さな中庭を眺めながら主人とまったり〜。当然ですが京都では抹茶菓子たっぷり堪能して来したよ〜〜(笑)気づけば足は抹茶の本場宇治にまで向かっていたのでした。

つづく。。。
[PR]
by mikla3333 | 2009-11-19 20:15 | 日本-Japan | Comments(2)

日本満喫♪〜東京編〜

今日はもうドイツに帰国して4日目。
金曜の朝には時差ボケで6時前に起床した子供達と一緒に早い一日のスタート。私の頭の中は完全に日本ボケだったけど息子の幼稚園デビューの為早速稼働せざるを得ない我が家です^^;
c0194065_2354135.jpg

【毎年実家に帰ると家族で足を運ぶ場所。この橋の周りは紅葉が始まったばかり】

日本での5週間は嵐のように過ぎていき、主人が来るまでの2週間半は友人達に会ったり、元同僚達と数年ぶりに飲みにいったり、カルチャースクールでちょっと興味のあったことに挑戦したり毎年コスメを調達しつつメイクしてもらうココで念願のメイク講習を受けてみたり...とショッピングに精を出す暇すらない程バタバタの毎日。ものすごい勢いで変わりつつある都内話題のスポットにも足を運ぶ予定でしたがそんな時間すら捻出できず、、、でもココには行きました!色々なブログで話題になっていて数年前からずーっと気になったいた所♪こっちも念願叶って!?と言う感じ。予想よりはかなりこじんまりとした佇まいながらもケーキのお味はなかなか。代官山をお散歩がてらお茶するにはいいかもしれません。この寒空(?)の中主人と一緒にテラスでまったりとコーヒータイムを楽しみました。
c0194065_122860.jpg


それから当然暫く味わっていない本当の(*と言うのはこちらドイツにも和食レストランはいくつもあり、、、でも違うんです!日本で食べる和食の味は!!)和食達♪実家での母の手料理は勿論、レストランで味わう本格的な和食の数々に何度舌鼓を打ったことか。。。たった2週間で4キロも太った主人を見るまでもなく(笑)日本の『食』と言うものがどれだけ充実しているか、食へのこだわりや興味と言うものが他の国と比べてどれだけ強いのか、と言うことを痛感する私なのでした。(だってデパ地下ひとつとってもあれだけの食品が所狭しとならび、一つのお店に列をなす国民てきっと日本くらいな筈!欧州から進出しているお店だって恐らく本土以上に日本人の方が情報は素早くキャッチしていたりしますよね?ドイツのクリスマス菓子の定番シュトーレンですら数年前から各所のケーキ屋さんで目にするようになっています)でも町を歩く女性達は世界一か細く大袈裟に言えばドイツの中学生と対して変わらないくらいの体型。不思議です...。あ、ドイツ人が体格よ過ぎ、ってだけなのかもしれませんが^^;

そして今回の『念願叶って』のもう一つは京都!
国内旅行は実家近辺と日光くらいでしたが(交通運賃がやたらと高いので)やっぱり日本の美しさを見せるなら京都は外せません!と言うことで“ぷらっとこだまプラン”を利用して、道中富士山まで眺めつつ一路日本の古都へと向かったのです。

c0194065_1452675.jpg


つづく。。。
[PR]
by mikla3333 | 2009-11-15 17:54 | 日本-Japan | Comments(4)

はじめまして。

フランクフルト近郊(Bad Homburg-Gonzenheim)で2009年秋よりジェルネイルの施術をはじめました。ドイツ人夫と子供2人とともに2007年フランクフルトより引っ越しタウヌスの自然に囲まれののんび〜り(いえ、現実はバタバタです。笑)日々過ごしております。

ひょんなことから出会ったジェルネイルの魅力にひかれ昨年日本でジェルネイル技術を取得。ドイツにはまだ珍しいソフトジェル(カルジェル専門)を皆様の個性に合せてご提案させて頂いております。またドイツ風ではなく『日本のデザイン&アート』を常にアップしていけるよう努めて参ります。ご不明な点、またご予約のお問い合わせはお気軽にメール頂けたらと幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します☆


**********************************


〜 Calgel(カルジェル)について 〜

◆自爪をサポートするジェルネイルシステム
爪に優しいカルジェルシステムは地爪を補強し、地爪へのダメージを最小限に抑え、地爪の成長を妨げません。またカルジェルは素晴らしい定着力を持ち長い期間美しい状態を保つことができます。お手入れが3〜4週間毎と言うのも忙しい女性達には魅力的です。

◆透過性があり水分の蒸散運動を妨げない
カルジェルの層は地爪の蒸散作用を妨げない、透過性のあるガス・パーマブル・システムです。地爪からの水分はジェル層を通過し発散します。その為従来のハードジェルの様に地爪とジェルの間に水分が溜まってジェルが剥がれたりカビが生えたりすることもありません。

◆溶液で落ちる!
カルジェルはカルリムーブという溶液で安全にしかも簡単にとることができます。ファイリングによりヒートアップもなくダストの心配もありません。お客様ご自身でもホームケアができるシステムになっております。

◆薄付きで柔軟性があります
カルジェルは地爪の上に直接ジェルを塗って補強するジェルコートや長さ出しをするチップオーバーレイ、スカルプチュアネイルができます。ジェルの層はごく薄く自然な仕上がりです。定着後も柔軟性を失わないため自然なフィット感があり折れにくく端が欠けることもあまりございません。柔軟性を生かした3Dアートができるのも魅力の一つです。

◆ニオイがない
従来のポリッシュ(マネキュア)のように強いニオイもありません!


注)職業上水仕事が多い方はゴム手袋の着用をお薦めします。ジェルは水仕事にも強いとは言えある一定の水準を超える場合は少しプロテクトしてあげることによりより保ちは良くなります。

                
[PR]
by mikla3333 | 2009-11-09 04:09 | プロフィール | Comments(0)